トップページトップページ太陽光発電遠隔監視 てるてるモニタ(3G)太陽光発電遠隔監視 てるてるモニタ(3G)太陽光発電遠隔監視 てるてるモニタ(LTE)太陽光発電遠隔監視 てるてるモニタ(LTE)太陽光発電遠隔監視 てるてるモニタ(その他)太陽光発電遠隔監視 てるてるモニタ(その他)太陽光発電遠隔監視 てるてるモニタ(出力制御)太陽光発電遠隔監視 てるてるモニタ(出力制御)オフィス・工場の電力見える化についてオフィス・工場の電力見える化についてご家庭向けの電力見える化についてご家庭向けの電力見える化について

HOME > 太陽光発電向け > 「てるてるモニタ(プロ)」太陽光発電遠隔監視システム

太陽光発電遠隔監視システム 「てるてるモニタ(プロ)」

▶  太陽光発電遠隔監視システム 「てるてるモニタ(プロ)」



  太陽光発電遠隔監視システム 「てるてるモニタ(プロ)」

  太陽光発電遠隔監視システム 「てるてるモニタ(プロ)」の特徴

てるてるモニタ(プロ)資料請求「てるてるモニタ(スタンダード)」施工・設置事例2太陽光発電遠隔監視システム(ライト)

▶ お知らせ・新着情報

2016.05.20
てるてるモニタ(プロ)の販売を開始します。
プロ版販売開始キャンペーンとして、
三相9.9kWパワコン専用特別パッケージを特別価格で販売します。

電力見える化本舗各ページのトップへ

▶ てるてるモニタ プロ の概要

施工会社、電気工事会社向けモデルです。

スタンダード版よりも接続可能なセンサ数を減らし、様々な機能を増やしています。

ご要望に応じたカスタマイズ等も承ります。

太陽光発電遠隔監視システム てるてるモニタ(プロ)

電力見える化本舗各ページのトップへ

▶ 多様な電源供給方式に対応

てるてるモニタ(プロ)は、電源供給部分を大きく変更しています。
ライト版・スタンダード版は、ACアダプタを利用しているため単相電源とコンセントボックスを準備する必要がありました。

てるてるモニタ(プロ)では、端子台方式を採用しています。
わざわざコンセントボックスを設置せずに、VVFケーブル等を直接差し込んで利用することができます。

また、単相100/200Vだけではなく、三相200V(動力)でも動作します。
三相PCSを採用しており電灯契約を結んでいない発電所に最適です。

●三相200V(動力)の場合
    てるてるモニタプロ_三相200V(動力)

●単相(電灯)の場合
    てるてるモニタプロ_単相(電灯)

●設置イメージ
    てるてるモニタプロ_設置イメージ ※アースは任意です※

電力見える化本舗各ページのトップへ

▶ 多様な発電所、様々なニーズに対応するための機能を追加

スタンダード版に比べ接続可能なセンサを減らし、接点入力やアナログ入力ポートを追加しています。
ニーズに応じてカスタマイズしますので、お気軽にご相談ください。

●電圧測定機能

 入力電源の線間電圧を測定することができます。

    電圧測定可能な太陽光発電遠隔監視システムです。


●接続センサの種類と数の変更

 80Aセンサ5個、または300Aセンサ5個を接続できます。(混在不可)
 100kWパワーコンディショナー5台の高圧発電所も監視できます。
              300Aセンサを最大5個接続できます。

●500Aセンサ対応(カスタム機能・個別相談)

 500Aセンサを2個接続可能です。350kW(440V)程度まで測定可能です。


●接点入力端子(カスタム機能・個別相談)

 5V,5mAの接点入力端子が利用できます。
 パワーコンディショナー等の異常を、てるてるモニタ経由で知ることができます。


●アナログ入力端子(カスタム機能・個別相談)

 4-20mAのアナログ入力端子が利用できます。
 日照計や温度計を取り付けることができます。

電力見える化本舗各ページのトップへ

▶ 仕様・性能一覧

 項目  内容
 最大計測発電量  300Aセンサ…三相 200V520kW・単相 150kW
 500Aセンサ…三相 200V175kW 440V380kW
 対応電線外径  80Aセンサ…直径 10mm
 300/500Aセンサ…直径 24mm
 入力電圧  AC100~240V(単相100/200V、三相3線 200V)
 入力容量[VA]  最大 10VA
 使用周囲温度  -10~50℃(ただし、結露・氷結無き事)
 質量  330g(本体+アンテナ)
 外形寸法
 (突起物除く)
 190mm(W) × 86mm(D) × 35mm(H)


●外形図
太陽光発電監視システムプロ外形図

電力見える化本舗各ページのトップへ

▶ 構成例① 三相9.9kwパワコン5台 低圧49.5kW発電所向け

三相9.9kWパワコン5台の監視を想定した構成です。
スタンダード版とほぼ同じ機能ですが、動力で動作するため、電灯契約が不要というメリットがあります。

三相9.9kWパワコン5台の遠隔監視に最適です
 

 機 能 プロ版(構成例①) スタンダード版
 日次レポートメール
 月次CSVレポートメール
 見える化サービス
 80Aセンサ 5個 5個
 供給電源 三相200V/単相200V
(端子台)
単相100-240V
(ACアダプタ利用)
 電圧測定 ×

電力見える化本舗各ページのトップへ

▶ 構成例② 三相100kwパワコン5台 高圧500kW発電所向け

三相100kWパワコン5台の監視を想定した構成です。
5台未満の発電所(100kw×3台)でもご利用いただけます。

高圧発電所は、インバーターで低圧交流に変換後、昇圧してから連系します。
そのため、低圧部分の電圧を測定してもあまり意味がありません。

※高圧の場合の注意事項※
供給電源は三相440/420Vには対応していません。三相200Vか単相をご利用ください。

三相100kWパワコン5台の監
 

 機 能 プロ版(構成例②) スタンダード版
 日次レポートメール 計測できません
 月次CSVレポートメール
 見える化サービス
 300Aセンサ 5個
 供給電源 三相200V/単相200V
(端子台)
 電圧測定 × (測定効果無し)

電力見える化本舗各ページのトップへ

▶ 構成例③ 高圧発電所を廉価に監視したい(メールレポートのみ)

ライト版の上位モデルとしても利用できます。
500Aのセンサを利用することで、ライト版より出力の大きな発電所を監視できます。

高圧発電所は、インバーターで低圧交流に変換後、昇圧してから連系します。
そのため、低圧部分の電圧を測定してもあまり意味がありません。

高圧250kwパワコンを監視する

●[オプション] 1000A対応クランプオンアダプタ利用で、500kwまで測定可能!
高圧500kwパワコンの遠隔監視

 モデル  PCS電圧  測定可能定格出力
 プロ版 三相440V
380kW
三相202V 175kW
三相440V+オプション 760kw
 (参考) ライト版 三相440V 225kW
三相202V 105kW
単相100/200V
60kW



●構成
 機 能 プロ版(構成例③) 備 考
 日次レポートメール
見える化サービスは任意です。
レポートメールのみに制限することで、ランニングコストを下げられます。
 月次CSVレポートメール
 見える化サービス
 500Aセンサ 2個
 供給電源 三相200V/単相200V (端子台)
 電圧測定 × (測定効果無し)



電力見える化本舗各ページのトップへ